ケンオール法人番号APIをリリースしました

国税庁が公開する法人番号データAPIで提供するサービス「ケンオール法人番号API」をリリースしました。

法人番号データとは?

法人番号とは、国税庁によって全ての法人(国内・国外合わせて500万件以上)に付与された13桁*1の固有番号です。個人に付与されるマイナンバーと異なり、法人番号のマスターデータは公開されています。 国税庁は、この法人番号とそれに付随する以下の情報を合わせた基本3情報を、オープンデータとして公開しています。 - 商号または名称 - 本店または主たる事務所の所在地

ケンオール法人番号APIとは?

法人番号データを使うことで、法人の正式な住所情報を簡単に取得できます。 ケンオール法人番号APIは、この法人番号データをAPIとして提供するサービスです。 ケンオール法人番号APIを使うことにより、例えば以下のようなシステムを簡単に作ることができます。

  • 法人向けの商品・サービスのユーザー登録や資料請求フォームにおける住所補完
  • 法人向けの配送を伴うサービス(例:請求書の発行など)

なぜ法人番号APIを提供したのか

国税庁は、法人番号データそのものだけでなくAPIサービスも無償で公開しています(以下、国税庁APIと言います)。政府が無償でAPIを提供しているのに、同様のサービスを有償で提供する意味はないように見えます。しかし、国税庁APIには、以下のような課題があります。

  • 郵送でアカウントを取得する必要がある
  • データのレスポンスはcsvxml、エラーメッセージはcsv固定
  • 完全一致に未対応で、前方一致のみ
  • さらに前方一致の場合、株式会社等の法人種別をユーザーが削除してから検索する必要あり*2
  • はしご高などのJIS標準外の文字での検索に非対応。登記通りの名前で検索できない
  • CORSに非対応
  • サポートやSLAなどを提供していない

ケンオール法人番号APIは、上記の課題を全て解決しています。

  • ユーザー登録が簡単。全てWeb上で完結し、ユーザー登録したその日から利用可能
  • REST APIとして提供。レスポンスはJSONに統一
  • JavaScript SDK (近日提供予定)
  • 部分一致の他、法人種別を含めた法人名の完全一致検索に対応。
  • 株式会社込みで完全一致検索が可能。法人種別なしの完全一致検索も提供
  • はしご高など、JIS標準外の文字での検索に対応。登記通りの名称をコピー&ペーストしても検索が可能
  • CORS対応のため、フロントエンドのみで住所検索UIを実現可能
  • サポート、SLA、専用テナントなどの高度な非機能要件が必要なお客様向けに、エンタープライズプランのご提供*3

また、法人種別や地方自治体などのファセット検索(絞り込みと集計)などにも対応しており、様々な形式での法人住所検索UIを提供することが可能となっています。

使い方

法人番号APIには2通りの利用方法があります。 法人番号での検索と法人名や住所による検索の2つです。

法人番号による検索は、以下のようなリクエストを送信します。

curl -H "Authorization: Token $YOUR_API_KEY" \
https://api.kenall.jp/v1/houjinbangou/2021001052596

法人名や住所による検索は、以下のようなリクエストを送信します。

curl -G -H "Authorization: Token $YOUR_API_KEY" \
 --data-urlencode "q=株式会社オープンコレクター" \
 https://api.kenall.jp/v1/houjinbangou

どちらのリクエストを実行しても、以下のような法人情報がレスポンスとして返ってきます。(レスポンスの一部のみ掲載)

    {
      "sequence_number": "1391194",
      "corporate_number": "2021001052596",
      "process": "12",
      "correct": "0",
      "update_date": "2021-01-12",
      "change_date": "2021-01-04",
      "name": "株式会社オープンコレクター",
      "name_image_id": null,
      "kind": "301",
      "prefecture_name": "東京都",
      "city_name": "千代田区",
      "street_number": "麹町3丁目12-14麹町駅前ヒルトップ8階",
      "address_image_id": null,
      "jisx0402": "13101",
      "post_code": "1020083",
      "address_outside": "",
      "address_outside_image_id": null,
      "close_date": null,
      "close_cause": null,
      "successor_corporate_number": null,
      "change_cause": "",
      "assignment_date": "2015-10-05",
      "en_name": "",
      "en_address_line": "",
      "en_address_outside": "",
      "furigana": "オープンコレクター",
      "hihyoji": "0"
    }

使い方の詳細はドキュメントを参照してください。

価格とトライアル

法人番号APIは毎月66,000円(税込み)で利用できます。*4 1アカウントあたりのドメイン数やAPIリクエスト数は無制限です。 アカウントを作成してから60日間はトライアルとして無償利用できますので、まずはアカウント登録してお試しください。

郵便番号APIと同様、サポート、SLA、専用テナントなどの非機能要件は付属しておりません。もしそういった要件がございましたらエンタープライズプランをご検討ください。

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」 ケンオールは、郵便番号住所検索API、法人番号APIをはじめとした、システム開発を加速する高品質で安全なAPIサービスです。 kenall.jp

Shodoで執筆されました

*1:正確には、法人番号そのものは12桁で、これにチェックディジット1桁を付加して13桁として表されています

*2:部分一致検索では法人種別込みの検索が可能です

*3:別途有償となります

*4:2021/09/21時点。金額は予告なく変更する場合があります

リリース半年の振り返り

ケンオール今年の2月8日にリリースしてから半年が経ちました!

ご利用いただいている皆様、応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

郵便番号検索APIサービスとして始まったケンオールも、この半年で新しい機能・サービスが少しづつ追加されてきました。

どのような変更があったのかを紹介していきます。

新しいAPI

市区町村API

4月には、都道府県以下の市区町村を取得する、市区町村APIの提供を開始しました。

都道府県コードを入力すると、その都道府県以下の市区町村の一覧を取得できます。

curl -s -H "Authorization: Token $YOUR_API_KEY" \
https://api.kenall.jp/v1/cities/13

このAPIリクエストからは、以下のようなレスポンスが返ってきます。

{
  "version": "2021-03-31",
  "data": [
    {
      "jisx0402": "13101",
      "prefecture_code": "13",
      "city_code": "101",
      "prefecture_kana": "トウキョウト",
      "city_kana": "チヨダク",
      "prefecture": "東京都",
      "city": "千代田区"
    },
    ...
}

市区町村APIは郵便番号プランをご購入のお客様にご利用いただけます。

郵便番号逆引き検索API(ベータ)

5月には郵便番号逆引き検索APIをベータリリースしました。

このAPIを使えば、住所から郵便番号を検索できるようになります。

郵便番号逆引き検索APIは近日GAとしてリリース予定です。

リリース時には、都道府県や市区町村をスペース区切りにする必要がなくなり、一続きの住所文字列で郵便番号を検索することができるようになる予定です。

郵便番号逆引き検索APIは、郵便番号APIの上位プラン「郵便番号プラス」で提供予定です。

ベータ期間中は、ケンオールアカウントをお持ちのお客様ならどなたでもご利用いただけます。

自己IPアドレス確認API

7月には、自分のPCやサーバーに設定されたIPアドレスを確認するためのAPI自己IPアドレス確認APIの提供を開始いたしました。 ケンオールのアカウントがあればどなたでも無償でご利用いただけます。

使用方法は、/whoami エンドポイントにリクエストを送信するだけです。

curl -s -H "Authorization: Token $YOUR_API_KEY" \
https://api.kenall.jp/v1/whoami

このAPIリクエストからは、以下のようなレスポンスが返ってきます。

{
  "remote_addr": {
    "type": "v4",
    "address": "<IPアドレス>"
  }
}

自己IPアドレス確認APIはフリープランで提供しています。ケンオールアカウントをお持ちのお客様はどなたでもご利用いただけます。

(NEW!) 郵便番号ダウンロードAPI

8月に、郵便番号ダウンロードAPIをリリースしました。

このAPIを使えば、ケンオールの郵便番号データを丸ごとダウンロードできるようになります。

郵便番号ダウンロードAPIはケンオールエンタープライズプランでのみ提供しています。

ご興味のある方はこちらのフォームからエンタープライズプランの資料請求をするか、お問い合わせください。

郵便番号ダウンロードAPIについては、また別の記事で紹介します。

(NEW!) 法人番号API(ベータ)

郵便番号APIに続くオープンデータAPIの第二弾として法人番号APIをベータリリースしました。

法人番号APIには以下の特長があります。

  • Web上で完結するアカウント登録。その日からすぐに利用可能
  • CSVXMLではない、JSONベースのレスポンス
  • API利用回数無制限

さらに、ケンオールが法人番号データをAPI提供することには以下の利点があります。

法人番号APIは現在クローズドベータにて提供中です。試してみたいという方はお問い合わせください。

法人番号APIは、郵便番号APIの上位プラン「法人番号プラン」で提供予定です。

新しいサービス

エンタープライズプラン

SLAを定義してほしい、サポートがほしい、というお客様のためにエンタープライズプランを用意いたしました。

エンタープライズプランでは、基本的なAPIに加え、以下のようなサービスを提供しています。

  • 専用サポート
  • SLA定義: サービスレベル目標(SLO)としての月次稼働時間の設定や復旧目標時間(RTO)の設定
  • エンタープライズ専用API
  • セキュリティ脆弱性評価レポート

また、以下のような各種追加オプションも用意しています。

  • 専用テナント
  • IaaS冗長化
  • 24時間サポート
  • 開発支援

ご興味のある方はこちらのフォームからエンタープライズプランの資料請求をするか、お問い合わせください。

請求書払い対応

クレジットカード払いだけでなく、請求書払いにも対応しました。(別途手数料がかかります。価格表をご確認ください)

請求書払いが必要な方はお問い合わせください。

今後について

郵便番号検索APIから始まったケンオールは、「かゆいところに手が届く」高品質なAPIサービスを目指して機能やサービスを日々追加しています。

ケンオールの今後にご期待ください!

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」 ケンオールは、郵便番号住所検索APIをはじめとした、システム開発を加速する高品質で安全なAPIサービスです。 kenall.jp

Shodoで執筆されました

自己IPアドレス確認APIの無償提供を開始しました

自分のPCやサーバーに設定されたIPアドレスを確認するためのAPI、「自己IPアドレス確認API」の提供を開始いたしました。 ケンオールのアカウントがあればどなたでも無償でご利用いただけます。

使用方法は、/whoami エンドポイントにリクエストを送信するだけです。

curl -s -H "Authorization: Token $YOUR_API_KEY" \
https://api.kenall.jp/v1/whoami

以下のようなレスポンスが返ってきます。

{
  "remote_addr": {
    "type": "v4",
    "address": "<IPアドレス>"
  }
}

現在はIPv4のみに対応しておりますが、IPv6にも将来対応予定です。

なぜこのAPIを提供したのか

自分のPCやサーバーに設定されたIPアドレスを確認するための無償サービスは数多く存在します。なので、今さらこのようなAPIを提供する意味はないように見えます。 しかし、そういった多くのサービスは運営形態や利用規約などが不明瞭で、業務で利用するには不安があります。

我々が提供するものは、業務利用にも耐えられるようなAPIの提供です。 ケンオールによる提供は以下のメリットがあります。

関連ドキュメント

APIリファレンス - 自己IPアドレス確認API

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」 ケンオールは、郵便番号住所検索APIをはじめとした、システム開発を加速する高品質で安全なAPIサービスです。 kenall.jp

Shodoで執筆されました

ケンオール通信第9号:(その他)の処理

今回は、郵便番号データ内の(その他)を含むレコードの処理について紹介します。

データは、記載がない限り2021-05-31のデータを用いています。

ケンオールでどのようにパースされているかは、こちらのデモから試してみてください。

前回の記事はこちらです。

(その他)の処理

ケンオールでは、括弧書きで小字が含まれている郵便番号レコードについて、原則として小字なしのレコードを出力しています。 例えば、1030028 は、郵便番号データには以下のように記載されています。

1030028: 東京都 中央区 八重洲(1丁目)

これは、ケンオールでは以下のように2つのレコードとして出力されます。

1030028: 東京都 中央区 八重洲
1030028: 東京都 中央区 八重洲 1丁目

ケンオールでは、郵便番号データのパースを可能な限り高精度に行っていますが、複雑な番地情報など、解析が困難な割にあまり活用頻度が高くない情報は削除しています。そのため、検索時に意図しない小字・丁目が表示されてしまう可能性があります。そのような場合に小字を含まないレコードを出力できる(フォールバックできる)ように、小字を含まないレコードも出力するようにしています。

しかし、以下のように郵便番号レコード自体に(その他)というレコードが含まれている場合、フォールバック先を間違えないように、小字なしのレコードは出力しないようにする必要があります。

1690052: 東京都 新宿区 戸山(3丁目18・21番)
1620052: 東京都 新宿区 戸山(その他)

(その他)を含むレコードは564件あります。 (その他)を複数含む町は存在しません。

(その他)を含む町のうち、(その他)以外のレコードを含む町は545件あります。これらについては、先述の方針通り、小字なしのレコードを出力しないようにします。 しかし、(その他)しか含まない町が19件存在します。これらの町については、小字なしのレコードを出力する必要があります。

よって、以下の方針でパースをしていくことになります。

  • 括弧つきの町域が存在する場合(レコード1)、まず括弧なしの部分を仮の町名して取りだす
  • レコード1より後に連続するレコードのうち、町名が同じもので括弧つきのものを検索。後に存在するレコードがない場合はそのレコードしか存在しないため処理を行わない→最終的に小字なしのフォールバックレコードを出力する
  • その中に(その他)があった場合、その同一町域においては小字なしのフォールバックレコードを出力しない

パース後の住所は以下のようになります。

1690052: 東京都 新宿区 戸山 3丁目
1620052: 東京都 新宿区 戸山

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号住所検索APIをはじめとした、システム開発を加速する高品質で安全なAPIサービスです。

kenall.jp

Shodoで執筆されました

ケンオール通信第8号: ビル名の処理

今回は、郵便番号データ内のビル名の処理について紹介します。 データは、記載がない限り2021-05-31のデータを用いています。 ケンオールでどのように郵便番号を処理しているかは、こちらのデモから確認してみてください。

前回はこちらです。

PyData Osaka Meetupの発表スライドと動画はこちらです。

ビル郵便番号

郵便番号データの大半は、ある郵便区画に対して番号を割り当てたレコードとなっていますが、実は一部の高層ビルには階層ごとに郵便番号が割り振られています。 ここでは、このような郵便番号をビル郵便番号と呼びます。

1066101: 東京都港区六本木六本木ヒルズ森タワー(1階)

なお、このビル郵便番号は、個別事業所番号とは別のものであることに注意してください。

このようなビルは、郵便番号データ内には84棟存在し、このようなビルが存在する町域は34地域存在します。 上記の住所のうち、ビル名に相当する部分はどこからどこまでになるでしょうか?

正解は、六本木ヒルズ森タワーです。 最初の六本木は町名となります。六本木ヒルズ森タワーの住所は東京都港区六本木6-10-1です。

町名とビル名を分割する

このように、ビル郵便番号の町域は、町名 + ビル名 + 階層という構造を取っているため、構造化されたデータに変換するにはこの文字列をパースして分割しなければいけません。 しかし、この文字列だけでは、先程の例のように、町名とビル名を分割することはできません。どちらかの名称を外部から与える必要があります。

このデータを遡っていくと、以下のようなレコードを発見できます。

1060032: 東京都 港区 六本木(次のビルを除く)

この郵便番号は、東京都港区六本木に属する住所のうち、これより下のビル郵便番号に記載されているもの以外の全ての住所に対して用いる郵便番号です。 この郵便番号レコードを使えば、町名六本木を取得することができます。

ただし、以下の2地域は例外的に、(次のビルを除く)が存在しません。

東京都 港区 海岸
愛知県 名古屋市中村区 名駅

この地域に関しては明示的に町名を付与する必要があります。(パターン1)

次に、ビル郵便番号の文字列パターンを見てみます。

1066190: 東京都 港区 六本木 六本木ヒルズ森タワー(地階・階層不明)
1066101: 東京都 港区 六本木 六本木ヒルズ森タワー(1階)

ビル郵便番号の町域は、以下の2パターンになっています。(パターン2)

  • XX(地階・階層不明)
  • XX(N階)
    • N: 全角数字で表されている階数

よって、ビル郵便番号の存在する地域及びビル郵便番号のパースは、以下の方針で実施することができます。

  • パターン2に該当する町域を持っていたらビル郵便番号であると判断できる (レコード1)
  • レコード1がパターン1にマッチする地域に属していた場合は、それに対応する町名を取得する
  • レコード1から遡って、最も近い(次のビルを除く)と記載されているレコードを発見する。(レコード2)
  • レコード2の町域から(次のビルを除く)を取り除いて町名を取得する
  • 取得した町名を使って、レコード1の町域を町名とビル名、階層に分割する

階層と郵便番号

先程登場した階層情報ですが、実は文字列をパースしなくても情報を取得することができます。 郵便番号の下2桁は以下のルールによって付与されています。

もう一度、先程の例を見てみましょう。このルールに基づいて郵便番号と階層情報が対応していることが分かります。

1066190: 東京都 港区 六本木 六本木ヒルズ森タワー(地階・階層不明)
1066101: 東京都 港区 六本木 六本木ヒルズ森タワー(1階)

現在、日本一階数の多いオフィスビル横浜ランドマークタワー(高さ日本一はあべのハルカス)で、地上70階まで存在します。もちろん、郵便番号データにも記載されています。

2208170: 神奈川県 横浜市西区 みなとみらい ランドマークタワー(70階)

しかし、世界では90階を超えるビルはいくつも存在します。 日本で90階を超えるオフィスビルが誕生したとき、郵便番号は一体どのように割り振られるのか、楽しみですね。

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号住所検索APIをはじめとした、システム開発を加速する高品質で安全なAPIサービスです。

kenall.jp

この記事はShodoで執筆されました

PyData Osaka Meetupでケンオールについての講演を行いました

2021年7月3日、PyData Osaka Meetupにてケンオールについての講演を行いました。

この講演では、以下のような内容について発表しました。

  • 住所と郵便番号
  • 郵便番号データの複雑さ
  • ケンオールの紹介と、技術アーキテクチャ概要

スライドはこちらです。 docs.google.com

発表の動画はこちらです。 www.youtube.com

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号住所検索APIをはじめとした、システム開発を加速する高品質で安全なAPIサービスです。

kenall.jp

この記事はShodoで執筆されました

ケンオール通信第7号: 日本の住所の構造と郵便番号データ

ケンオール通信第4号では、郵便番号データの処理方法の最初の一歩として、複数行の結合について紹介しました。データ処理の続きを説明する前に、まず日本の住所とはどういう構造になっているかを紹介します。

日本の住所の構造

日本の住所は、領域の大きい地域名から小さい地域に向かって書いていくという構造です。この大から小という構造は、日本の他に中国や韓国、台湾などが用いており、東アジア諸国では一般的な記法ですが、世界的には小さい領域から大きい領域に向かって書いていくという記法が一般的です。 余談ですが、東アジア以外の全ての国が小から大という表記ではなく、ハンガリーなど一部の国で大から小という表記形式を採用しています。

さて、日本の住所構造を詳しくみていくことにします。以下の図は、今尾恵介著「番地の謎」(光文社知恵の森文庫)より引用させていただいた、地名の階層構造です。この「番地の謎」は大変素晴らしい内容ですので、日本の住所に興味のある方は是非読んでください。

「東京23区」「政令指定市」「区」「市」「郡」「町村」に相当する部分が、地方自治法第1条の3で定義される地方公共団体となります。これらの名称およびIDについては全国地方公共団体コードで定義されており、構造ゆれや表記ゆれ等は存在しません。

この次の階層に登場するのが、「町または大字」です。ここで表記される「町」は、地方公共団体としての「町」とは異なるものですので注意が必要です。 「町または大字」の下には「丁目」や「字あるいは小字」が続きます。 大字・小字とありますが、これはもともと小字の方が古来から存在していた住所単位です。大字は1889年(明治22年)の市町村合併、いわゆる明治の大合併時に生まれたもので、合併前の旧町村名を大字としなさいという内務大臣の訓令(内務大臣訓令第352号、明治21年6月13日)によるものでした。*1 *2 *3なお、この合併による大字の新設は1953年(昭和28年)から始まる昭和の大合併でも実施されています。

ここからさらに下の住所階層としては、地番や街区符号などが登場しますが、郵便番号データとしてはここまで理解していれば十分なので説明は省略します。

郵便番号データの住所構造

以上を踏まえた上で、あらためて郵便番号データの住所表記について見てみることにします。日本郵便様が提供している郵便番号データの説明を読むと、住所表記に関するカラムは以下の3つが存在します。

  • 都道府県名
  • 市区町村名
  • 町域名

一見シンプルなようですが、町域名以下の部分はかなり複雑です。

先程の実際の住所構造を参考に、郵便番号データの住所構造を描いてみたものが以下の図です。

都道府県と市区町村については、先述の通り、全国地方公共団体コードでも明確に定義されている表記のため、この部分については問題ありません。

京都の通り名

町域以下ですが、先述の住所構造と違う部分がいくつかあります。

日本の住所構造としては正規の構造としてあまり扱われない、京都の通り名が郵便番号データには記載されています。ただし、通り名を記載する場合は、同一行政区に同一町名が存在した場合などに限るため、京都市内の全ての郵便番号に通り名が記載されているわけではありません。なお、同一行政区同一町名は109組260町存在します(2021年5月31日現在)。

また、京都市の住所表記は通り名+町名が一般的ですが、さらに丁目を持つ地域もあります。以下はその一例です。

6028064: 京都府 京都市上京区 一町目(上長者町通堀川東入、東堀川通上長者町上る、東堀川通中立売通下る)
6028134: 京都府 京都市上京区 一町目(大宮通椹木町下る、大宮通丸太町上る、椹木町通大宮西入、丸太町通大宮東入)
6028103: 京都府 京都市上京区 一町目(松屋町通出水下る、松屋町通下立売上る)

地割

次に、地割(じわり)の存在です。地割は、岩手県に存在する特殊な地名単位です。住所構造上は丁目と同レベルで存在します。

0282402: 岩手県 宮古市 川井(第9地割~第11地割)
0285102: 岩手県 岩手郡葛巻町 葛巻(第40地割「57番地125、176を除く」~第45地割)
0295523: 岩手県 和賀郡西和賀町 越中畑64地割~越中畑66地割
0240341: 岩手県 和賀郡西和賀町 杉名畑44地割(湯田ダム管理事務所、後口山、当楽)

地割を含むレコードは50件あります。

特定の番地に割り当てられた郵便番号

ほとんどの郵便番号データには番地以下の情報は含まれていませんが、一部の町域では特定の番地のみを指定して郵便番号を割り振っているケースがあります。

9420083: 新潟県 上越市 大豆(1の2、3の2~6、4の2・4・6、11の1番地)
0482402: 北海道 余市郡仁木町 大江(1丁目、2丁目「651、662、668番地」以外、3丁目5、13-4、20、678、687番地)
0285233: 岩手県 二戸郡一戸町 中山(新田17-2、37番地、東火行1番地)
2892614: 千葉県 旭市 江ケ崎(12~22、127~140、1709、1723-3、1728-4番地)
8996602: 鹿児島県 霧島市 牧園町三体堂(1824-2、1824-9、1824-41、1835-81、1835-108、1835-109 、1835-228、1835-238、1835-253、2003-5、2003-9、2003-14、2003-17、2003-18、2057-8)

このようなレコードは約242件ほど存在します。 番地と書いているものもあれば、数字だけ並んでいるものもあり、正確にカウントすることは容易ではありません。上記の数字はあくまで目安です。

ビルに割り当てられた郵便番号

そして最後に、ビルの存在です。郵便番号データは、大きなオフィスビルなどに対しては階層ごとに個別の郵便番号を付与していることがあります。これは、申請式の個別事業所番号とは異なります。

9806190: 宮城県 仙台市青葉区 中央アエル(地階・階層不明)
9806101: 宮城県 仙台市青葉区 中央アエル(1階)
9806102: 宮城県 仙台市青葉区 中央アエル(2階)

郵便番号データに登録されているビルは84棟あります。

ビル郵便番号については、別の記事にて詳しく紹介していきます。

このように、郵便番号データに含まれる住所の構造を把握することで、ようやく郵便番号データの整形処理のための準備をすることができます。

PyData.Osaka に登壇します

2021/7/3(土) にオンライン開催される PyData.Osaka にて、@shiumachi が登壇いたします。上記のような話を紹介しますので、興味ある方はご参加ください。

www.meetup.com

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号住所検索APIをはじめとした、システム開発を加速する高品質で安全なAPIサービスです。

サービスを試してみたい方はこちらから: kenall.jp

この記事はShodoで執筆されました

*1:「番地の謎」p.43、今尾恵介、光文社知恵の森文庫。ただし原著では「内務省訓令」と記述されている

*2:「明治22年新町村名の研究」井戸庄三、地理学評論、1976年

*3:市町村合併の状況総務省