エクセルから祝祭日を含めた営業日の判定を簡単に行う

指定した日付が休日かどうかをサクッとチェックしたいことはたまにあると思います。 休日をエクセルなどからサクッと簡単に確認にできる「法定休日確認API」を追加しました。

以下のようにパラメーターに日付を渡すだけで、その日が休日かどうかの判定を行うことが可能です。(現在は法定休日のみの判定に対応しています。)

https://api.kenall.jp/v1/businessdays/check?date=2022-08-01

また、エクセルやスプレッドシートの関数に組み込むことで、以下のように一瞬で営業日の判定ができます。

上記のアドオンは以下のような関数をエクセルやスプレッドシートなどに組み込むことで実装できます。

/**
 * 営業日かどうかを判定する
 * @param {'2022-08-01'} date 判定したい日付 YYYY-MM-DD
 * @customfunction
 */
function businessdayscheck(date) {
  const _d = new Date(date);\
  const url = `https://api.kenall.jp/v1/businessdays/check?date=${_d.getFullYear()}-${_d.getMonth()+1}-${_d.getDate()}`
  const response = UrlFetchApp.fetch(url, {
    'headers': {
      'Authorization': 'Token xxxxxxxxxxx'
    }
  });
  const body = response.getContentText();  
  return JSON.parse(body).result; 
}

現在は法定休日のみの実装ですが、祝日APIでは今後以下のような機能の実装を予定しています。

  • 自社独自の休日設定
  • 営業日計算
  • 請求締め日計算
  • 既存の祝日を無視するカスタマイズ
  • 休日のプリセット配信
  • 海外休日対応
  • 一括インポート
  • 個人ごとの年休設定
  • 休日DBの更新通知

機能のご要望等がございましたらお問合せください。

APIキー管理機能をリニューアルしました

APIキー管理機能リニューアル

APIキーの管理機能をリニューアルしました。

以下の機能が追加されます。

  • キーごとに名前を追加できます。これにより、「開発用APIキー」「サイトA用APIキー」などの名称をつけてキーを管理できます。
  • キーごとに有効期限を設定できます。これにより、一定期間のみ有効なキーを作成できます。
  • キーごとにコメントを追加できます。これにより、名前以外の付加情報を自由記述できます。

APIキー管理画面

2022/9/1(木)リリース予定の新プラン郵便番号プランおよび法人番号プランでは、さらに以下の機能が追加されます。

  • 複数のAPIキーを追加できます。
  • APIキーの複製ができます。(名前やドメイン等の付加情報のみの複製で、キー本体をコピーするものではありません)

詳細はドキュメントを参照してください。

新プランの詳細については、こちらの記事を参照してください。

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」 ケンオールは、郵便番号検索API、郵便番号逆引きAPI、住所正規化API、法人名検索API、日本の祝日APIなど、システム開発を加速する高品質で安全なオープンデータAPIサービスです。 kenall.jp

Shodoで執筆されました

提供プランリニューアルのお知らせ

平素よりケンオールをご利用いただきありがとうございます。

お客様により高品質なサービスを提供するため、プランをリニューアルいたします。

変更概要 (1) 郵便番号APIプランの刷新

お客様からの多様なご要望にお応えするため、郵便番号APIプランを郵便番号プランとしてリニューアルいたします。

郵便番号プランでは、郵便番号APIプラスプランと郵便番号APIプランを一つに統合し、郵便番号逆引きAPI機能をより安価にご利用になれます。

また、複数APIキー管理機能など、管理・運用においても役立つ機能を追加します。

複数APIキー管理機能については、本日リリースした新APIキー管理UIの記事も参照してください。

変更概要 (2) 法人番号APIプランの名称変更

法人番号APIプランは 法人番号プラン として名称変更いたします。

郵便番号プランに追加予定の管理機能はもちろん、法人番号データ以外にも企業・法人に関するデータを中心とした各種の便利なデータを扱うAPI・サービスを提供します。

提供価格

新プランの提供予定価格は以下のとおりです。

(価格は予告なく変更する場合があります)

  • 郵便番号プラン: 5,500円 / 月 (税込み)
  • 法人番号プラン: 66,000円 / 月 (税込み) ※現行プランから変更なし

リニューアル予定日

2022/9/1 (木) に提供開始予定です。

(予定は予告なく変更する場合があります)

よくある質問

現行の郵便番号APIプランはどうなりますか?

現行の郵便番号APIプランに向けた機能・サービスの追加は今後行いません。

2022/8/31 (水) までは購入可能です。

2022/9/1 (木) 以降は新規購入することができません。購入済みのサブスクリプションは継続可能です。

当面は現行の郵便番号APIプランを利用できますが、2023/8/31 (木) 23:59:59をもってプランの提供を終了する予定です。

現行プラン終了までの間に新プランへの移行をお願いいたします。

年間契約している場合はどうなりますか?

2022/8/31 (水) までに更新する場合は現行の郵便番号APIプランにて年間契約を更新できます。

2022/9/1 (木) 以降は更新できません。

現行の郵便番号APIプラスプランはどうなりますか?

2022/9/1 (木) に自動的に新プランへ移行いたします。

現行の法人番号APIプランはどうなりますか?

2022/9/1 (木) に自動的に新プランへ移行いたします。

ケンオールエンタープライズはどうなりますか?

ケンオールエンタープライズのお客様は自動的に新しいプランと同等機能が提供されます。

お客様側での作業は必要ありません。

提供開始日については個別にご連絡いたします。

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号検索API、郵便番号逆引きAPI、住所正規化API、法人名検索API、日本の祝日APIなど、システム開発を加速する高品質で安全なオープンデータAPIサービスです。 kenall.jp

Shodoで執筆されました

「※宅配ボックス希望」等の注釈に対応しました 【郵便番号逆引き・住所正規化】

OGP

ECサイトや宅配サービスでよく使われる「※宅配ボックス希望」などの注釈は、システムが住所を解析する際に大きな障害となります。

ケンオールでは、こうした特別な注釈文字列を除去して解析できるように郵便番号逆引き・住所正規化APIをアップデートしました。

ECサイト・宅配サービス特有の住所に対応

ECサイトを使う際、宅配ボックス指定や時間帯指定などの配送方法について注文をしたい場合があります。

通常はECサイトや宅配サービスが提供する方法でそうした条件を指定しますが、住所欄にその旨を記述するという方法がインターネット上では知られています。

例えば、米印(※)で区切って注釈を記述する方法があります。*1

麹町三丁目12-14麹町駅前ヒルトップ8F※不在時宅配ボックス希望
麹町三丁目12-14麹町駅前ヒルトップ8F※16時以降不在時宅配ボックスへ

括弧でくくる場合もあります。

麹町三丁目12-14麹町駅前ヒルトップ8F(不在時宅配ボックス希望)
麹町三丁目12-14麹町駅前ヒルトップ8F(16時以降不在時宅配ボックスへ)

区切り文字を使わず、そのまま住所につなげて書く場合もあります。 以下の2つ目の例では、80116時は部屋番号の801と時刻の16時がつなげて記述されているため、これを解析することは容易ではありません。

麹町三丁目12-14麹町駅前ヒルトップ8F不在時宅配ボックス希望
麹町三丁目12-14麹町駅前ヒルトップ80116時以降不在時宅配ボックスへ

住所フィールドが2つに分かれている場合の1つ目に注釈を書く場合もあります。 その場合、全体の文字列としては住所の途中に注釈が入る形となります。

麹町三丁目12-14(不在時宅配ボックス希望)麹町駅前ヒルトップ8F
麹町三丁目12-14(16時以降不在時宅配ボックスへ)麹町駅前ヒルトップ8F

宅配ボックスにも様々な表記方法があります。以下は一例です。

宅配ボックス
宅配BOX
宅配box
宅配ロッカー
ボックス

一方でヤマト運輸様の提供する宅配便ロッカーPUDOステーションなどを利用されている方の場合、宅配便ロッカーという名称は正式な住所名となります。 注釈として扱ってはいけません。

東京都千代田区麹町3-XX-XX宅配便ロッカー麹町店

このような注釈を含む住所文字列はECサイトや宅配サービス固有のものです。

人間が読んでも支障はありませんが、郵便番号逆引きや住所正規化などのシステムで読み込むときには大きな障害となります。

ケンオールでは、こうした特別な注釈文字列を除去して解析できるように郵便番号逆引き・住所正規化APIをアップデートしました。

APIの実行例は以下のようになります。

  "query": {
    "q": null,
    "t": "東京都千代田区麹町三丁目12-14麹町駅前ヒルトップ80116時以降不在時宅配ボックスへ",
    "prefecture": "東京都",
    "county": null,
    "city": "千代田区",
    "city_ward": null,
    "town": "麹町",
    "kyoto_street": null,
    "block_lot_num": "3-12-14",
    "building": "麹町駅前ヒルトップ",
    "floor_room": "801"
  },

ケンオールのデモページで実際に試してみてください。

今後の予定

ECサイトや宅配サービスに特有の住所は他にも様々なタイプがあります。以下はその一例です。

  • 電話をかけてほしいという注釈
    • 東京都千代田区麹町3-XX-XX麹町マンション110Xインタ-フォンが壊れてるので電話ください
  • 家の詳細説明の注釈
    • 東京都千代田区麹町3-XX-XX奥の青いドアの家です。表札は「田中」
  • 配送センターのコード入り
    • 東京都千代田区麹町3-XX-XX○○会社配送センター(AAA000001)
  • ホテル宿泊先への配送
    • 東京都千代田区麹町3-XX-XXホテル麹町フロント気付XXX号室7月1日宿泊

こうした表記についても、順次対応していく予定です。(全ての表記についての対応を保証するものではありません)

EC事業者様や配送事業者様で、こうした住所の正規化処理や郵便番号逆引き処理に興味のある方は是非お問い合わせください

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」 ケンオールは、郵便番号検索API、郵便番号逆引きAPI、住所正規化API、法人名検索API、日本の祝日APIなど、システム開発を加速する高品質で安全なオープンデータAPIサービスです。

kenall.jp

Shodoで執筆されました

*1:住所は特に注意がない限り弊社の住所あるいはその住所を基にした架空の住所です。また、レイアウトの都合上都道府県と市区町村を省略しています。以下同じ

郵便番号更新情報ページをリリースしました

こんにちは、ケンオール開発チームです。

過去のケンオール通信をご覧になった方から、郵便番号や住所の奥深さについて興味を持ったという声を頂いております。私たちの住所への熱狂が少しでも伝わったのではないかと思い、非常に喜んでおります。

これまではどちらかというと住所の歴史的な経緯にスポットライトを当ててきたところがありますが、住所の面白さは、生活の遷り変りを反映するかのように現在進行形で変化するという点にもあります。私たちも毎月末になると、更新された郵便番号のリストを見ながら、さまざまな地域に思いを馳せています。

とはいえ、郵便番号は実務的な背景に基づいて生まれたシステムですので、ケンオールとしても、データの正確性のため、更新情報を面白がるだけでなく、注意深く変更を追っています。

今回、毎月の更新情報の内訳を確認したいというユーザーの皆さまのために、更新された郵便番号の一覧を閲覧できるページをリリースしました。

ダッシュボード左のサイドバーのメニューに「郵便番号更新情報」という項目が追加されたことにお気づきの方もいると思います。こちらをクリックすると、指定の月の郵便番号と個別事業所番号の更新情報を見ることができます。

例えば下記は2022年6月30日の更新情報からの抜粋です。

ここからは次のようなことがわかります。

住居表示実施区域についてはいずれこのブログで解説したいと思いますが、簡単に言うと住所を地番で表記せず「(○○丁目) △△番地□□号」のような形式で住居ごとに表記するよう自治体が指定した地域のことです。

上の例にある泉佐野市のwebページにも次のような記述があります。

住居表示とは

現在使っている「〇〇番地」で住所を表す方法は、地番が順序良く並んでいない事や、分筆や合筆により地番が変更する、同一地番に枝番が多数存在し、そこに多数の家が建っているなど、郵便配達や訪問者にも分かりにくく、お互いの日常生活で何かと不便な場合があります。

このような不便をなくすため、昭和37年5月に、公共の福祉の増進を図ることを目的に、住居表示に関する法律が施行されました。 この法律に基づいて、合理的な住居番号で住所を表す新しい制度が生まれ全国の市街地地域に実施されており、本市においても、このような不便をなくすため、誰もが分かりやすいまちづくりをめざした新しい住居表示の実施を進めています。

皆さんもぜひ毎月末チェックしてみてください。

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号検索API、郵便番号逆引きAPI、住所正規化API、法人名検索API、日本の祝日APIなど、システム開発を加速する高品質で安全なオープンデータAPIサービスです。

kenall.jp

Shodoで執筆されました

【デモアプリあり】法人向け住所フォームをケンオールで作ろう

法人向け住所フォームのまとめ

まとめ

法人向け住所フォームは、法人向けの資料請求フォームや取引先法人登録フォームなどで使われる、法人情報の登録に特化した住所フォームです。

個人向けと異なり他社の住所を入力する場合が多いため入力ミスしやすく、オートコンプリート機能も利用できません。

契約書や請求書発送にも用いられるため、配送ミス時の影響は大きくなりがちです。

一方、法人住所はオープンデータとして公開されているため、法人住所の自動補完機能が利用可能です。

この記事では、法人向け住所フォームのデモアプリを紹介します。

法人向け住所フォームとは?

住所フォームは、ECサイトや宅配サービスなど、様々なサービスに組み込まれています。 ケンオールでも、住所フォームの作り方について紹介しました。

住所フォームは個人向けだけでなく、法人のお客様向けにも存在しています。 例えば、法人向けの製品やサービスを提供する企業では、法人のお客様向けに資料請求フォームなどを提供することがあります。 取引先法人の登録作業を行う業務システムでは、専用の登録フォームを用意していることでしょう。

法人向け住所フォームでは、他社の住所を登録するケースが多くなります。 個人向け住所フォームではほとんどの場合自宅住所などを入力するため、基本的には入力する住所のことをよく知っているはずです(もちろん、引っ越し直後などの場合は別です)。 住所フォームの作り方で紹介したオートコンプリート(オートフィル)機能も利用可能です。

法人向け住所フォームでは、初めて入力する住所を取り扱うケースが多くなります。そのため、個人向け住所フォームよりも入力ミスが発生しやすくなります。 オートコンプリート機能も使うことはできません。 一方で、個人向けのサービスに比べて住所入力ミスの影響は大きくなりがちです。例えば、契約書や請求書などの送付ができなかった場合、大きな問題となります。

このように、法人向け住所フォームでは、個人向け住所フォーム以上に正確な住所入力を求められる場面が増えてきます。

法人向け住所フォームのデモ

法人名から法人情報を検索し、法人の住所を補完するUIのデモアプリを作成しました。

ソースコードも公開しています

法人向け住所フォームデモ

使い方は以下のとおりです。

  1. 法人名を入力し、簡単入力ボタンをクリックします。
  2. 必要に応じて絞り込み検索オプション 都道府県 法人種別 部分一致あるいは完全一致 を選択します。
  3. 検索ボタンをクリックします。
  4. 目的の法人が見つかったらクリックします。
  5. 法人住所が補完されます。

簡単入力の検索結果

法人情報補完後

このようなフォームを簡単に作れるのは、法人番号データによって全ての法人住所が公開されているからです。

法人番号データを使って法人住所を補完する

法人番号は、全ての法人に付与された固有の番号です。法人版マイナンバーとも言われています。 この法人番号と法人名、法人住所を対応させたデータ(以下、法人番号データ)を国税庁が公開しています。

このデータを使えば、法人住所の補完機能を作ることができます。

法人番号データを活用する方法を3つ紹介します。

  1. 国税庁提供APIを使う
  2. 法人番号データをダウンロードし、自分でDBを運用する
  3. ケンオール法人名検索APIを使う

国税庁提供APIを使う

国税庁は公式のAPIを提供しています。このAPIを使えば無償で法人住所補完機能を開発できます。

国税庁提供APIを使う際には、以下の点にご注意ください。

  • 郵送でアカウントを取得する必要がある
  • データのレスポンスはcsvxml、エラーメッセージはcsv固定
  • 完全一致未対応で、部分一致と前方一致のみ
  • さらに前方一致の場合、株式会社等の法人種別をユーザーが削除してから検索する必要あり*1
  • はしご高などのJIS標準外文字による検索は非対応。登記通りの名前で検索できない
  • 町名・番地とビル名以下が分割されていない
  • CORSに非対応のため、APIWebブラウザから直接利用できない
  • サポートやSLAなどを提供していない

法人番号データをダウンロードし、自分でDBを運用する

法人番号データはオープンデータなので、自分でダウンロードしてDBを構築できます。

オープンデータのためデータ自体は無償ですが、DBの運用コストが発生します。

また、全データで500万件以上あり、毎営業日差分更新されるため、DBのデータをどう更新していくかを正しく設計していく必要があります。

ケンオール法人名検索APIを使う

ケンオール法人名検索APIなら、上記の問題を解決できます。

  • ユーザー登録が簡単。全てWeb上で完結し、ユーザー登録したその日から利用可能
  • REST APIとして提供。レスポンスはJSONに統一
  • JavaScript SDKの提供
  • 部分一致の他、法人種別を含めた法人名の完全一致検索に対応
  • 株式会社込みで完全一致検索が可能。法人種別なしの完全一致検索も提供
  • はしご高など、JIS標準外の文字での検索に対応。登記通りの名称をコピー&ペーストしても検索が可能
  • 町名・番地とビル名以下を分割して提供。様々な住所フォームの形式に対応可能
  • CORS対応のため、フロントエンドのみで住所検索UIを実現可能
  • サポート、SLA、専用テナントなどの高度な非機能要件が必要なお客様向けに、エンタープライズプランの提供*2

終わりに

法人向け住所フォームは個人向けと違った課題がある一方、住所補完に利用可能なオープンデータがあるなどの利点もあります。 ケンオールを使えば簡単に導入できますので是非試してみてください。

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号検索API、郵便番号逆引きAPI、住所正規化API、法人名検索API、日本の祝日APIなど、システム開発を加速する高品質で安全なオープンデータAPIサービスです。

kenall.jp

Shodoで執筆されました

*1:部分一致検索では法人種別込みの検索が可能です

*2:別途有償契約が必要となります

一部郵便番号が正常に検索できなかった問題を修正しました

ケンオールを2022/03/18(金)にアップデートしました。

アップデート内容は以下のとおりです。

  • 郵便番号検索API: 一部郵便番号が正常に検索できなかった問題を修正

郵便番号検索API: 一部郵便番号が正常に検索できなかった問題を修正

区画整理扱いとなっていた郵便番号のうち、一部の郵便番号が検索できない状態となっていました。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

本問題が発生していたバージョンは以下のとおりです。

  • 2022-01-31
  • 2022-02-28

対象の郵便番号は以下のとおりです。

以下、6691313: 兵庫県三田市福島 を例にとって説明します。

兵庫県三田市福島は、2022年1月に区画整理された、新しい住所です。

神戸新聞の記事(2020/12/12)では、この地域の区画整理について紹介しています。

JR新三田駅周辺(兵庫県三田市)の地名が2021年夏、福島から「福島1~3丁目」に変更される。 (中略) 区画整理中の地域は現在、大字「福島」の中に大田▽道野上▽堀雲▽家成▽宮野前-の各字(あざ)がある。この一部を大字の福島1~3丁目に変える。

三田市のサイトによると、この変更は2022年1月26日(水)に行われるとあります。神戸新聞の記事では2021年夏とありましたが、何らかの理由で延期になったものと思われます。

三田市のサイトを読むと、住所変更は行いますが、郵便番号6691313は変更しないと書かれています。

2022-01-31ではなく2022-02-28から郵便番号レコードが変更された理由については分かっておりません。

日本郵便様が公開している郵便番号データは、最新の郵便番号を掲載したデータだけではありません。 前のバージョンから追加されたレコードの一覧と削除されたレコードの一覧も別に公開しています。

郵便番号データでは、6691313のような郵便番号を区画整理の郵便番号として扱っています。 このような郵便番号を扱う場合、同一のレコードを更新するのではなく、古い住所のレコードを削除してから新規追加しています。 このようなケースでは、追加データと削除データのどちらにもレコードが存在しています。

ケンオールでは、近日公開予定の「郵便番号更新情報取得API(仮称)」のため、追加データと削除データの両方を保持する変更を行っていました。

今回の問題は、区画整理の郵便番号について、削除レコードのみの保持を行っていたことが原因でした。

今回のアップデートではこの問題を修正しました。

ケンオールについて

「かゆいところにケンオール」

ケンオールは、郵便番号検索API、郵便番号逆引きAPI、住所正規化API、法人名検索API、日本の祝日APIなど、システム開発を加速する高品質で安全なオープンデータAPIサービスです。

kenall.jp

Shodoで執筆されました