2022年1月21日の接続障害に関するお知らせ (第1報)

日本時間の2022年1月21日9時23分ごろから10時36分ごろまで、ケンオールの提供するAPIサービスが正しくない応答を返す事象が発生しておりました。原因については引き続き調査中ですが、対応の経緯および現在明らかになっている内容を技術的な部分も含めお伝えいたします。

この度は大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

障害の発生していた時間

  • 開始: 2022/1/21 9:23 JST ごろ
  • 終了: 2022/1/21 10:36 JST ごろ

影響範囲

ケンオールの提供するAPIサービスとなります。

問題の発生していた箇所

  • 郵便番号API
  • 郵便番号逆引きAPI
  • 法人番号API

問題の発生していなかった箇所

タイムライン

日時 イベント
2022/01/21 09:36 JST 弊サービスを担当するエンジニアに対して、外形監視による最初のアラートが発報される
2022/01/21 09:37 JST 対応を開始。郵便番号APIで断続的に404が返却される事象を確認
2022/01/21 09:48 JST 自己IPアドレス確認APIを除く全APIで問題が発生していることを確認
2022/01/21 09:59 JST 最初の障害報をTwitterにて行う https://twitter.com/kenalljp/status/1484329763510824963
2022/01/21 10:20 JST リクエストログの調査の結果、2022/01/21 9:23 JSTごろに、弊サービスが利用するIaaSの設定の一部が、弊社設計とは異なる内容となっていることが確認される
2022/01/21 10:28 JST 状況を保全し、設計と異なる設定を含むリソースを削除する
2022/01/21 10:36 JST 問題が継続しなくなっていることをを確認。しばらく状況を静観する
2022/01/21 10:45 JST 回復報をTwitterにて行う https://twitter.com/kenalljp/status/1484341235628539904

発生原因

発生当時のエンジニアの作業内容を監査ログも含め確認しましたところ、試験環境も含めIaaSに関連する操作を行なっていないことが判明したため、現時点では人為的なものが起因ではないと判断されます。 IaaSのサポートに状況をエスカレーションするとともに、引き続き原因の究明を行ってまいります。